南アフリカの2000円台のシャルドネの一番手の造り手「ポールクルーバー・エステート・シャルドネ」を飲む

南アフリカの2000円台のシャルドネでこれ以上の作り手はいないと言っても良いぐらいの品質の「ポールクルーバー・エステート・シャルドネ 2016」を飲みました。

ポールクルーバーは、先日エステート・ピノノワールを飲みましたが、出来が秀逸だったこともあり、早速、白も取り寄せてみました。

南アフリカのエルギン地区は冷涼な気候のため、ピノと同様にシャルドネも高品質であることが期待されます!!!噂でも白の方がより評判がいいですしね!

それでは、テイスティング・コメントに行ってみたいと思います。

色は、麦藁色とレモンイエローの中間ぐらいの輝いた色合いです。

香りは、グレープフルーツ、レモンのような爽やかな柑橘系の香りがします。そしてバニラのような樽熟成から由来する風味の要素とバターっぽさが前面に現れています。樽ドネという造られた感じもありますが、ブルゴーニュなんかのシャルドネっぽさも感じます。

味わいは、こっくりした桃のような甘さから時間の経過によって、ミネラリー、かつ、酸が非常にきれいで透明感がある印象を受けました。全体的にはシャープで端正なイメージを感じます。

なるほど値段以上に美味しいので満足度は高いですよね!

ポールクルーバーのフラグシップのセブンフラッグスは7000円台でピノ・ノワール、シャルドネが販売されていますが、さすがにデイリーでそのレンジは手が出ないので、エステートが人気なのも分かる気がします。

今後、値段の上昇が見込まれるので何本かストックしておいた方がいいと思います。同じ値段ならブルゴーニュよりこちらを喜んで買います!だって凄く上品で、ブルゴーニュを思わせる作りですからね!!

ジャンシス・ロビンソンに世界で最も美しい白ワインと言わしめたワインだけあって旨いはずです!!!

先日飲んだポールクルーバー・エステート・ピノ・ノワール2016のテイスティング・コメントもあるので、良かったらのぞいて見てくださいね!

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 185 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!