印象的な女性の横顔のエチケットの「オノロ・ベラ」を飲む

売り手としては大企業のような顔を持ち、造り手としては小さなワイナリーの集まりとして、良いワインを造る「オノロ・ベラ」を飲みました。

印象的なエチケットで有名な、ヒル・ファミリー・エステーツの当主ミゲル・ヒルさんは、最終的にコストパフォーマンスの高いワインを造りたい、それを消費者に届けたいと思っているそうです。

そして、新しくワイナリーを設立する際の場所を選ぶ基準は土着品種があることと、古い樹齢であることと、マイナーなアペラシオンであることの3つなんだそうです。面白い戦略ですね。

また、このワインはアカデミー賞の後に開催されるパーティーで、ウルフギャングパックがセレクトしたという逸話が有名です。

スペインのガルナッチャ100%です。

明るいルビーレッド。香りはイチゴやブルーベリーを感じさせます。それとシナモンのニュアンスが少々。

味わいは典型的なモダンスペインか。甘さと酸っぱさは有るものの、余韻がないあんまり無い。笑

潔さがあって、ついつい、次も次もと杯を重ねてしまう中毒性もありますね。

それにしても、エチケットそのままに華やかかつ刹那的な、強烈な印象のワインでした!

ワイワイバーベキューをしたりキャンプファイヤーをしたくなるような、気持ちにさせてくれる、ワインでもあります!

濃いデイリーワインを求める、コスパ重視の人には良い選択肢になると思います!

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 264 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!