国内で安定した品質の白ワインと言えば「登美の丘 2014 白」を飲む

定点観測でサントリー登美の丘ワイナリーの「登美の丘 白 2014」の白を飲みました。

日本ワインを代表するサントリーのミドルレンジの登美の丘です。昨年は赤ほどのレベルではなかったかなという印象でしたが今年は如何に。

色は輝きのあるグリーンイエローです。

香りは、レモンを思わせる爽やかな香りや、柑橘、桃を思わせる上品で濃厚な果実香がします。また、樽由来の厚みのあるバニラ香や、バター、花の蜜の香りが感じられます。

2014年は冷涼な年だったのか、ハツラツとした酸味が強く感じられます。

柔らかく、しっとりした飲み口で、食事には何でも合うところが良さでもあり、特筆すべき個性が強くないのが、課題なのかもしれません。それでも十分、美味しいので個人的は大満足です!

とは言え、日本でこのクラスのワインは多く作られていないのが実情で、このクラスを超えるワインが頻出してくると楽しいですよね。

料理との相性は、和食であれば何でも合うオールマイティさが日本人に受けると思いますので、迷ったらコレでOKだと個人的に思っています。

値段的は三千円台なので、海外のものと比較するとコスパではなかなか勝てませんが、国内生産者を応援したい一身で、今後も定点観測は続けていきたいと思ます!!!

昨年も登美の丘の白を飲んだ感想をブログにアップしたので、合わせて読んでみて下さいね。

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 119 times, 2 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!