神の雫ワインでも1000円以下のコスパワイン「コオペラティーバ・アグラリア・サンタ・キテリア・イゲルエラ・ルージュ」を飲む

ワイナリーのラインナップはいずれも手頃な価格ながら高い品質で専門誌やコンクールで評価を集めている「コオペラティーバ・アグラリア・サンタ・キテリア・イゲルエラ・ルージュ」を飲みました。

こちらのワインは、スペイン南東部の人口1000人のイゲルエラ村発のワインです。

イゲルエラで2001年にイゲルエラとアルベラの二つの生産者が統合してできた協同組合が、サンンタ・キテリアです。

こちらのワイナリーは、土着品種のガルナッチャ・ティントレラをより洗練させることに力を注ぎ込んでいるそうです。

スペインでは長く、ワインに色合い深みを与える目的で他の品種とガルナッチャ・ティントレラをブレンドしてきましたが、そのポテンシャルに注目したサンタ・キテリアは、主役となることがなかった、この品種100%でワイン造りに初めて挑戦しました。

美しい色合いときれいな果実味を伴った彼らのワインは大成功し、今ではこの地域の地ブドウともいえるまでになりました。

最新設備への投資も欠かさず、地元品種と品質への想いが非常に熱い生産者です!

また、神の雫でも神咲雫がスイス行きの飛行機で飲んだ機内のサービスワインとして登場しました。

喩えて言うなら極彩色のトーテムポールのようなワインと表現してましたよね!

そしてロバート・パーカーから「非の打ち所のない完璧なワイン造り」「スペインの無名産地の見事なワイン」「良年のヌフデュ・パプのよう」と賞賛されています!

それではコメントです。

色は非常に濃い紫色です。香りは、ブラックベリーと、土っぽさと、若干のスパイス香がします。最初は酸とアルコールが強めに感じ、微妙な印象があったけど、時間が経つと丸みも出てきます。

作られた感のある果実味が少し癖があって、人によってはどうかなと思いましたが、飲みなれてくると、これはコレでありかなと思いました。

神の雫シリーズの中で、1000円以下の価格帯で楽しむには貴重な一本だと思います。

料理と合わせるにはラザニヤとか、味の濃い料理と合わせると良いと思います!

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 532 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!