ラフィットグループがチリで手掛けるロス・ヴァスコス シリーズ最高峰の「ル・ディス・ド・ロス・ヴァスコス」を飲む

この価格帯のチリワインでは断トツで美味しい「ル・ディス・ド・ロス・ヴァスコス」を飲みました。

ボルドー最高の赤ワインを造るシャトー・ラフィット・ロートシルトが、南米チリで挑戦を始めたのがロス・ヴァスコスです。

ロス・ヴァスコスのエントリーレンジは、スーパーで1000円台で売られていますが、今回テイスティングするル・ディスは、トップレンジになります。

ル・ディスは、素晴らしい品質のカベルネ・ソーヴィニヨンが収穫出来た年に限り、「エル・フライレ」と呼ばれるテロワールで育つ、樹齢70年強のブドウ樹から、厳選して造られています。

それでは、テイスティング・コメントにいってみたいと思います!

セパージュは、カベルネ・ソーヴィニヨン85%、カルメネール 10%、シラー 5%です。

色は、かなり深みのある紫色です。

香りは、赤果実の濃縮なアロマ、甘いバニラやチョコレートの芳醇な香りが強くします。

力強く複雑さの溢れる味わいがします。そして、アルコールが強めに感じられ、果実の甘味が強く際立っています。

繊細かつ強固で、たっぷりとしたタンニンが感じられます。

長くまろやかな余韻のあるフィニッシュは、チリにおけるボルドースタイルの代表銘柄の1つと言っていいかと思います。

価格はチリのアルマヴィーヴァやチャドウィックなどと比較しても、3000円台後半であれば、お手頃感はあると思います!

この値段で、ラフィットのテイストを味わえるというのは、本当に貴重です。

2011年がパーカーポイント92点、2012年でジェイムス サックリングも高得点を獲得しています。

2014年も時期が来れば、また高評価になると思いますので、手に入れるなら今のうちにかな。

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 271 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!