名門アサラが造る1000円台のデイリーワインの「アサラ・メルロー」を飲む

南アフリカでメルローは、どちらかというと珍しい部類の「アサラ・メルロー」を飲みました。

今日飲むワインを造ってるアサラ・ワイン・エステートは、南アフリカステレンボッシュに位置するワイナリーで、1691年に設立されました。

ブドウ畑はアップダウンがあり、広大な為、最新のドローンを使用して畑の管理を効率的に行っているそうです!!

そしてワイナリー名のAsaraという名は、アフリカの神であるAstar(地の神)、Asis(太陽の神)、Asase(空の神)から取っているようです。

南アフリカの主都であるステレンボッシュから5km圏内という好立地に位置し、現地の5つ星ホテルとして知られています。

それゆえ、ほぼリゾート的な運営をしているワイナリーです。

上位レンジにはアバロン、ベルタワーなどのフラグシップがあります。

色は、緻密な熟成した深紫色です。

香りは、カシス、プラムなどの果実香とミルクっぽい香り、チョコレートの風味が少々感じ取れます。また、樽由来なヴァニラ香がいります。やや熟成香があり、深く脳内に沁み入る感じがあります。

味わいは、口当たりスムーズで凝縮された果実味が口の中に広がります。タンニンは割としっかり目です。メルロらしく丸みを帯びて、柔らかい膨らみを感じます。

アフターはカカオのような苦味を感じつつ、旨みも残し余韻は長めです。

南アフリカでメルローは比較的珍しいのですが、重すぎずバランス良いワインに仕上がっています。

抜栓してから時間が経っていくと、更に良くなったので、事前に開けた方が良さそうでした。

参考になる一本でした!

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 96 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!