少し珍しい!?ウーヴァ・ディ・トロイア種の「ジェルソ・ネーロ」を飲む

プーリアでも最も古い歴史を持つブドウ品種と言われるウーヴァ・ディ・トロイアを使った「ジェルソ・ネーロ」を飲みました。

こちらのワインは、イタリアのプーリアが産地で、2007年に設立した新鋭の生産者が造っています。

プーリアの土着品種にこだわり、古代品種のフィアーノ・ミヌートロや、ウーヴァ・ディ・トロイアを栽培しているそうです。

ワインの名前であるジェルソ・ネーロとは、黒い桑の実と言う意味なんだそうです。桑の実は、食べたことないなぁ。。

評価としては、ルカマローニ誌で97点を獲得しています。また、リアルワインガイドでは、旨安ワイン特集で、旨安ワイン大賞を受賞していてコスパも良さそうです!

色は薄いパープルで、爽やかな味わいを連想させます。

香りはフレッシュなイチジク、プラム、ラズベリージャム、少し湿った土っぽさが感じられます。

スワリングすると、あまり感じたことのない、品の良いワインの香水とでも言うべき香りがします。あと、ヨーグルトのような香りもあり、面白いです!

タンニンは柔らかく、それほど強くない印象。
色合いから果実味などを想像したが、それほどでもなかったのは少し意外。

香りをゆっくりと楽しむワインではないかと思います!

飲み手として1000円台後半という価格は嬉しく、少し変化球的なアイテムとしては、知っておくべきお値打ち品です!

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 244 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!