値段を知ってビックリしたシャルドネ「リントンパーク・ルイフォーリー・シャルドネ」を飲む

創設者ルイ・フォーリが1689年からワイナリーを構えてから、320年の歴史あるワイナリーが作った「リントンパーク・ルイフォーリー・シャルドネ」を飲みました。

こちらも南アフリカワイン専門のマスダでゲットしたので、そこからの紹介です。

古いものを大切にしながら、新しい技術を取り入れて、今もなお進化し続けるワイナリーです。

セラーマスターのヘニー・ハスキソンは、ボルドーのシャトー・マルゴーでも働いた経験を持ち、高品質なワインを作っています。

ミケランジェロ2013では、ダブルゴールドを受賞しています。

レモン、青リンゴ、黄桃などを思わせる果実香、ハチミツなどを感じさせ、非常に鮮やかな印象です。また、石灰質っぽいミネラルの香りもしますね。

味わいは、樽の風味を伴ったパイナップルなどの果実味が広がります。

酸は穏やかに感じますが、芯には確かなものがあります。

余韻はやや長く、旨味が口中に残ります。

蜂蜜のような旨味と熟した果実の旨味が豊かに膨らむ印象です。

高級なシャルドネ程ではないですが、このクラスにしては、ちゃんとコクも有って素晴らしい出来栄えです。

カリフォルニアのシャルドネに近いイメージです。

聞いて驚くなかれ、この白ワインは何と1300円です!スーパーで売っている1000円台のワインにコールド勝ちですよ!

これはすぐにでも買いましょう!味は間違いのないものですよ!

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

新大陸のワインについて知りたい方へ是非読んで見て欲しい1冊です。

(Visited 132 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!