極太な武蔵野うどん「うちたて家」(池袋/うどん)

池袋のうどん屋と言ったら唯一無二の存在の「うちたて家」に行ってきました。

池袋の東口から徒歩6分位でジュンク堂書店のすぐ脇にあるあずま通り沿いにあります。

こちらのお店は、以前、お店の前を通った時に武蔵野うどんという看板を見て、そのうち食べてみたいと思っていたお店です。

今回!タイミングがあって初訪問しました。

10時55分に到着して、11時ジャストに開店。一番乗り!

店の入口外側にある券売機で1番人気の肉汁うどんを購入します。

かなりのメニュー数があり、券売機で全てを見て選ぶのは、チョイと予習が必要ですね。

王様のブランチでも紹介されているみたいですね!

うどんの固さは、選べるようですが、せっかくなので固めのうどんをモゾモゾ食べてみたいので特に固さは指定しません。

店内にはカウンター5席と8人がけテーブル2つあります。最初の5分だけは2名ぐらいしかお客は居なかったのですが、それを過ぎるとどどっと押し寄せて満席になっていました。笑

10分弱で到着です!
運ばれてきて、もしかしたら大盛りでも大丈夫だったかな?と思いつつ、目の前にきた極太の麺にテンションあがりました!

武蔵野うどんのイメージは「つるつる」「するする」と食べるうどんと言うよりは、「モゾモゾ」「ずるずる」としたイメージが強いので、とにかく、1本が食べ応えがあります。

弾力があり、噛み続けると口の中に小麦の風味が広がるうどんですね!

つけ汁を汁を漬けてもツルツルとはいかず、よーく噛む必要があります。笑

うどんですが意外と食べるのに時間がかかります。うどんを1本持ち上げると形が直方体。ぶっとくて迫力があります。

肉汁うどんの汁は濃すぎず薄すぎずでカツオの芳醇なダシのいい香りが感じられ、具は豚肉とネギでシンプルですが、おいしいね。

最後に、割り汁を飲んで、はんなり。

今まで食べたうどんの中で断トツのコシと太さ!たまらんっっっ!!!

あの噛みごたえはとにかく最高でした!

また会いにくるぜ、じゃあな!

関連ランキング:うどん | 池袋駅都電雑司ケ谷駅東池袋駅

(Visited 152 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!