う~ん、ファンタスティコ「レ・コルティ・キアンティ・クラッシコ」を飲む

神の雫で本間チョースケが、う~ん、ファンタスティコ!サンジョヴェーゼ本来の軽やかでまろやかな酸味があって、どうだスイスイ飲めるだろ!と言った「レ・コルティ・キアンティ・クラッシコ」を飲みました。

トスカーナにある侯爵家の中でも『アンティノーリ』、『ボナコッシ』など格上に位置づけされる名門侯爵家のコルシーニが1500年以上前から所有している畑のぶどうを使って、造り上げたワインは、ガンベロロッソでら3グラスを獲得しています。

ちなみに、こちらのワインは本間チョースケさんが実際にワイン売場のマネージャだった時、一番人気のキャンティ・クラシコだったらしいです。 期待が高まります!

セパージュは、サンジョヴェーゼ95%、カナイオーロとコロリーノ5%です。

色は、キャンティにしては、意外とダークレッドかな。香りは、チェリーの果実香になめし皮やバニラのニュアンスを感じます。また、少し梅じそのニュアンスもあって軽快な香り。

味は、果実味豊かだけど、適度な甘味でしなやかなタンニンです。 酸が味わいを引き締めていて、かつ、旨みをたっぷり感じます。エレガントというよりはチャーミングですね。

それにしても、このタンニンは美味しいですね!

ハイクラスのキャンティ・クラシコと言える良質な1本です。

クアットロ・フォルマッジョとマルゲリータで流し込みました!うまーい!!昔から飲まれ続けた、上質な日常ワインとしては言うことなしだと思います。

本間チョースケさんが、2千円を切る価格とはとても思えないと、連載当時に語っていたように、バランスの良さと納得のコスパワインと言えるでしょう!今では少しだけ値段は上がってますが、まだまだ、お安い!

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 227 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!