ヤマソーヴィニヨンから作られた「能登ワイン・樽熟成・心の雫」を飲む

石川県の穴水町で作った「能登ワイン・樽熟成・心の雫」を飲みました。

こちらのワインは、ふるさと納税の返礼品でいただきました。

能登ワインを代表する品種ヤマソーヴィニョンは、山梨大学が、カベルネソーヴィニヨンに山ぶどうを交配して改良した、日本独自の赤ワイン用品種です。

色はクリムゾンレッドです。香りはベリー系の果実味が感じられます。味わいはとてもフレッシュで、樽香も少しながら感じられます。

甘酸っぱいので少しマスカットベリーAっぽい感じのニュアンスも感じます。

やはり日本の赤の交配品種は甘みが出てしまう様ですね。

葡萄の樹齢が進むにつれて、味わい、クオリティも変わって来ると思います。

熟成に耐えられるワインではないので、サクッと飲みには良いでしょうね。

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 105 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!