同価格帯のブルピノを完全に凌駕する勢いの造り手「クルーガー・ファミリー・ワインズ ピノ・ノワール」を飲む

南アフリカのマストバイ過ぎて、これから人気が出そうな「クルーガー・ファミリー・ワインズ・ピノ・ノワール 2016」を飲みました。

今日飲むクルーガー・ファミリー・ワインズは、ステレンボッシュ出身のヨハン・クルーガーが所有するワイナリーです。

シャルドネの名手として様々な賞を取ってきたヨハンが、友人の所有する素晴らしいロケーションの畑にピノ・ノワールを植え、新しい取り組みをしています。

アメリカやブルゴーニュでワイン醸造を学び、畑に根ざしたワイン造りを信条として、高品質なワイン造りを行っています。

将来的にビオディナミの方向へ進めていく造り手です。現時点でもセラーで樽の移動を行う際は、満月の日を選ぶなど、こだわりを感じます。

それではテイスティング・コメントにいってみたいと思います!

色は、薄みがかった赤で、若い割に落ち着いた色調で粘性は高いと思います。

香りは、さくらんぼを思わせる甘めの果実香、キノコ、紅茶のニュアンスがあります。煙っぽい感じや、獣臭などが若干あります。

赤果実と甘い香りが主体で、華やかでチャーミングな印象です。

味わいは、風味を伴った適度に濃縮感ある優しい果実味が豊かに広がり、強くハッキリした綺麗な酸と、ミネラルが感じ取れます。

骨格はメリハリがあり、タンニンはピノだけどやや強目です。

余韻は長く、後味に優しい果実の旨味が残る印象です。

複雑味は有りませんが、ニューワールドの新物のお手本となるピノ・ノワールといっても過言ではありません。

一本芯の通った上質のピノ・ノワールを飲みたい方は、是非手に取って飲んでみることをオススメします!!

お値段的にも2000円台のピノ・ノワールとしては非常に優秀です。

また、今飲んでも面白いが、樽が溶け込み複雑さが出てくると楽しみなワインでもあります。

いやー、旨い!この値段のブルピノで勝てるアイテムある!?というレベルで、カリフォルニア、ニュージーランドの生産者とも肩を並べる感じですね!

良いの見つけた、マイナーなうちに試してみてね!!

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 123 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!