蒲田のとんかつ檍の流れをくむ「和栗」(日吉/とんかつ)

日吉で見るべき、味わうべき、とんかつ屋と言えばココだよねとみんなが言う「和栗」に行ってきました。

蒲田のとんかつ檍と言えば、食べログなどでも100名店に挙げられるほどの有名店です。

大門、銀座に支店を出していて、どこも行列店ですが、実は日吉にとんかつ檍の流れをくむ店がある事はあまり知られていないと思います。

写真に写ってませんが暖簾には、とんかつ檍よりって書かれています。

こちらのお店は、とんかつ専門の店と洋食屋さんが店の中で繋がっており、洋食屋さんでも食べられるため、空いている方で食べることが出来ます。頂けます。初めてだと分からないですね。

とんかつ屋の方は白木のおしゃれなカウンター席が9席あります。昔は洋食屋だった店舗の方はテーブル席とカウンターが20席あります。

とんかつ屋という意味では、雰囲気は断然カウンター席の方がお勧めです。

オーダーは店長おすすめと書かれたカタロースかつ定食にしてみます。

リブロースハーフという選択肢もあったのですが、店長オススメと言うコメントを信じてみようと思いました。

お肉に自信のあるトンカツ屋は塩を勧めるというのが相場ですが、御多分に洩れずこちらも、塩推しです!

塩はカウンターに以下の3種類が用意されています。
・南米アンデスの岩塩 茜塩(ボリビア)
・テキサス岩塩
・パキスタン産岩塩(ピンクソルト)

厨房の揚げ場の脇に、大量のとんかつ肉が積まれていました。凄い量!!!

肩ロースは少し時間がかかるとのことでしたが、10分もかからずに出来上がりました。

この値段で巨大なとんかつが食べれるなんて幸せです!笑

豚汁は、具沢山で豚の旨味が出ていて、美味しいね!

サイズのデカさといい、衣の揚がり具合、肉のレア具合がとてもいいですね!

口に入れると、肉汁がジュワッと出てきて脂身の甘みがとても美味しいです!

3種類の塩との相性も抜群です。しっかりとした甘みが感じられます!!!

塩で1番のオススメは、南米アンデスの岩塩 茜塩(ボリビア)です。これは、至福の時を約束するお塩です!肉との相性が抜群でした。

他の2種類も良かったですけどね。

途中からは、ソースもかけていただきましたが、断然塩がオススメです。

ソースは、かなり甘みが強かったので個人的な好みで合わなかったというのもあるかもしれません。

キャベツは山盛りで、モリモリ食べられました。歯ごたえと、食べごたえが良かったです。

しっかりと最後まで美味しく頂いて完食しました。ご飯は半分で良かったかな。笑

檍系ではありますが檍と違う良さは、並ばずに食べられたり、リブロースハーフなどのメニューがあったりする点が気軽に楽しめて良いなと思いました!

また会いにくるぜ、じゃあな!

関連ランキング:とんかつ | 日吉駅

(Visited 310 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!