南アフリカのピノを聖杯で飲み干せ「ザ・グレイル・ピノ・ノワール」を飲む

ザ・グレイル=聖杯という名を持つ「ザ・グレイル・ピノ・ノワール」を飲みました。

生産者はオーナーのデイヴィッド・クレツマー、醸造担当はホセ・コンデのコンビです。

4haのわずかのぶどう畑からピノ・ノワールのみを栽培して、様々なワイナリーの醸造でおなじみのホセ・コンデが手掛けるというワインです。

雑誌dancyuでワインレポートや各種ワイン書籍を出している山本さんが、ワイン特集にオススメしていた逸品です。

色は冷涼地のピノらしさを感じます。

香りはいちごやラズベリーなどの赤い果実にバニラなどの甘味が香りが立ち上りつつ、なんと出てくる紅茶のフレイバー。

チャーミングで優しい果実味が、素直に現れてから、次第に複雑味が加わるイメージです。

コショウのようなスパイス感、キノコっぽい感じもあるかなぁ。

そして比較的強めでハッキリした酸と、しっかりした骨格も備えています。

透明感があり心地よく軽快ですが、一本芯の通った骨格さえ感じる良質だとと言えます。

2000円台という価格帯を考えるとコスパの高いピノ・ノワールだと思います。

意外とネットショプに出回ってないみたいなので、見かけたら買っておくのがオススメですよ!

でも、品薄になると、買えなくなるので、あんまり買わないで欲しい。。笑

テーブルワインとして本当お勧めです、南アフリカ恐るべし!

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 185 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!