南アフリカの赤ワイン愛好家が注目している「スターク・コンデ・ポストカード・シリーズ・エルギン・ピノ・ノワール」を飲む

この値段で外交的な元気でチャーミングな「スターク・コンデ・ポストカード・シリーズ・エルギン・ピノ・ノワール」を飲みました。

以前、スターク・コンデ・カベルネソーヴィニヨンやポストカードシリーズのスターク・コンデ・ポストカードシリーズ・カベルネソーヴィニヨンを飲んだことがあります。

カベルネは2015年に日本国内のTV番組である「世界の日本人妻は見た!」にて大きく取りあげられたことが影響し、国内でも一気に在庫が無くなるという事態に見舞われました。

カベルネの良さが目立ち、ポストカードシリーズは圧倒的なコスパの良さがあったので、ピノはいかがでしょうか。

ちなみに、マスターオブワインの称号を持つティム・アトキンが作る南アフリカ格付けにおいては2017年には2級に昇格しています。

色は薄い赤紫。香りは、ラズベリーなどの赤果実系やスパイスを感じさせます。お花畑的な感じでは無く、フレッシュな明るい印象を持ちました。また、木質的な印象も感じ取れます。

心地よい酸と柔らかなタンニンを持つ軽やかで、かつ完熟感も感じられる一本です。

それと飲み進めるうちにベリー感が強くなるぁ。

1000円台のニューワールドのピノ・ノワールとしては十分な美味しさかと思います。

トップレンジにはスリーパインズというレーベルが存在していて、日本への輸入は極めて少量ですが、いつか飲んでみたいと思います!

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 133 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!