イタリアワインの掘り出し物ゲットだぜ!「レオ・グエルフス・ロッソ・ピチェーノ・スペリオーレ」を飲む

田舎くさいかもしれないけど、凝縮したボディのあるワインが好きな人にオススメの「レオ・グエルフス・ロッソ・ピチェーノ・スペリオーレ」を飲みました。

こちらのワイナリーはマルケ州南部のオッフィーダにあります。

州南部の個性豊かな地品種からワインが造られています。

関係有りませんが、マルケ州と言うと昔サッカー選手だったロベルト・マンチーニの出身地なんですよね。

事前情報はあまり無いですが、テイスティング・コメントにいってみましょう!

色は、少しレンガ色っぽくなってきたかな?ぐらいのガーネットです。

香りは山か?と思うような感じがします。スワリングするとキノコ、カシスのニュアンスを感じます。

それとブラックベリーなどの香が顕著に現れてきます。

山?っぽい感じは、ミネラルなのかもしれませんね。

口の中に凝縮した複数の旨味が、豊かに感じられます。酸味、骨格がしっかり感じられます。

タンニンは強くあり、凝縮しているからか?、苦味を強めに感じますが

しっかりとしたボディ感とインパクト、バランスの良いタンニンが、良い意味で田舎の無骨者みたいなイメージを感じました。

モンテプルチアーノとサンジョヴェーゼのセパージュが調和し、ワンランク上のロッソではないかと思います!

この価格帯のイタリアワインって、パンチが効いた個性豊かなワインが沢山有りますよね!

ピザ、トマトベースの料理には抜群の相性をみせました!!

これからも、イタリアワインの掘り出し物ゲットだぜっ!!

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 145 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!