南アフリカっぽいムンムンした将来が楽しみな「カノンコップ・カデット・ケープブレンド 2015」を飲む

南アフリカっぽい骨太で力強く、青さムンムンした「カノンコップ・カデット・ケープブレンド 2015」を飲みました。

カノンコップは、南アフリカを代表するステレンボシュの赤ワインメーカーで設立年度は1910年です。

ステレンボシュ・シモンスバーグ山脈の周辺はカノンコップの他に、グレネリー、ラステンバーグなどのトップワイナリーが名を連ねる、赤ワイン地帯なんです。

現在では、ティムアトキンの南アフリカ格付けは不動の1級とされ、その権威を欲しいままにしています。

2015年IWSCでは3つのトロフィーを獲得しています。
・南アフリカ最優秀生産者受賞 (通算5回)
・世界最優秀ワイン醸造家受賞(通算4回)
・世界最優秀ピノタージュ受賞 (通算5回)

カノンコップのエチケットに描かれている大砲は、南アフリカのケープ湾に、船が到着した際に用いられていた大砲なんだそうです!

今日飲んだカデットは、カノンコップのエントリーレンジになります。

セパージュはピノタージュ 54%、カベルネ・ソーヴィニヨン 29% 、メルロー 10%、カベルネフラン 7%です。

色はダークレッド、香りはブラックチェリーのような果実香、南アフリカらしい土のようなニュアンスが強く感じられます。

まあ、青い草っぽいムンムンした感じが強くします。そして、動物的なニュアンス。

コレってピーマン臭かな?少し開けるのが早いかもしれない。。。

時間をおくと青っぽい要素が薄まってきて、バランスが良くなってきました。

そして、酸としょっぱい塩?のイメージも感じられ、骨格のしっかりした、芯のある味わいとも言えるのかもしれません。

カノンコップが世界的に評価を受けている「ピノタージュ」と「ボルドーブレンド」をさらにブレンドしたワインは、もう暫く寝かせると更に熟成が進みそうで、楽しみなワインです!

価格は2,000円台ですが、熟成が楽しめるワインとして確保しておくと良いと思いました!

ちなみに、カデットとは「士官候補生」です!なので、上級クラスの士官も飲まないとね!笑

以前に飲んだカノンコップ・カデット・ピノタージュの感想は、こちらに書いたので良かったら見てください!

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 198 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!