オペラ愛の妙薬に登場する恋敵ベルコーレからの「イ・ジュスティ・エ・ザンツァ ベルコーレ」を飲む

イタリアワイン強化期間の最終日の一本です。

オペラ愛の妙薬に登場する主人公の恋敵ベルコーレから名前をとったのかもしれないサンジョベーゼの新たな可能性を提示する「イ・ジュスティ・エ・ザンツァ ベルコーレ」を飲みました。

トスカーナの海岸エリアで造るキャンティ、ブルネッロとはまた違う濃密で奥深く、エレガントな魅力を秘めたワインですね。

ビオディナミのようなアロマが香り、ブルベリーなどの熟れた果実香がします。とはいっても、ミディアムなので、とても飲みやすくて旨味が感じられ、渋味もちゃんとある、バランスの取れた味わいです。

これは愛の妙薬と言っても良いでしょう!
これは美味しい!飲まずに死ぬなよ!!!

本間チョースケが独断と偏見で選ぶイタリア安旨ワイン203連発で、第1章の最高のワイン20連発で1番初めに紹介されたワインです!

本間チョースケさんの著書

(Visited 169 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!