嗅いだ瞬間樽が効いているなと分かる「スパイス・ルート・シュナン・ブラン」を飲む

樽の風味が利いた膨らみある豊かな「スパイス・ルート・シュナン・ブラン」を飲みました。

スパイス・ルート・ワイナリーは、フェアヴューのオーナーが、1997年に設立した比較的新しいワイナリーです。

生産ポリシーは、少量生産にこだわったプレミアムワインを生み出しています。

ちなみに、スパイス・ルートとは、東洋の香辛料を、南アフリカを経由して西洋に持ち帰っていた香辛料のルートから取ってきているそうです。

それでは、テイスティングコメントです。

色は、明るい輝くゴールドです。

香りは、洋梨やメロンの果実味と、樽の香りがバッチリ香ります。黄色系の果実のトロピカルな明るい香りも感じとれます。

口の中にハチミツっぽい旨味を感じ、豊かな酸と、程よいミネラル感が兼ね備わっています。

味わいは、程よいボリュームのある骨格を感じ、メリハリある味わいです。また、フレッシュで旨味豊かな果実味が素直に広がります。

そして、後味にやや苦味が残ります。

最近、気温が上がってきて、赤ワインを飲む気が失せてきましたが、爽やかな旨味のあるお買い得なシュナン・ブランで気分を変えるのも悪くないなと思いました!!

南アフリカのシュナン・ブラン旨いわ😋

キッチリ冷やしてあれば、さまざまな料理と合わせやすいですよ!

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 61 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!