マイポバレーで作られたボルドーブレンドの「アルマドール・カベルネ・ソーヴィニヨン」を飲む

チリ産らしいけど、ボルドーを想像させる気品のある「オッドフェル・アルマドール・カベルネ・ソーヴィニヨン」を飲みました。

このワインの生産者であるノルウェー人で船乗りのダン・オッドフェルさんが、チリのマイポバレーに惚れ込み土地を開いてワイナリーを作りました。

雨の多いノルウェーのベルゲンは、雨が多くてワイン作りには適さない土地柄でもあったことから、チリに惹かれたと言われています。

この土地は、沿岸から吹くそよ風が素晴らしいテロワールを作り出し、結果すばらしいワインが産出されています。

カリフォルニアの有名ワインメーカーのポール・ホッブスなどと国際的チームを作り、ワイン造りを行っています。

色は、濃いガーネットです。香りは、まずはじめにスミレ、次にブラックベリーです。イチジクなどの濃い赤果実感もありますね。

カルメネーレっぽさが強いイメージがあります。2015年と若いこともあり、勢いのある感じがあります。

味わいは、残糖感があり甘さを感じるボディを感じさせるワインですね。濃縮感があり、しっかりとしています。柔らかなタンニンを持っていて、飲みやすいと思います。

甘さが強く少し飲み飽きるタイプではあるので、2杯ぐらいで切り替えるぐらいが丁度良いと思います。

お買い得感という点では、1000円台中盤だと他のアイテムでも良いかなと思います。突き抜けている感がないので、個人的には押しづらいかな。

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 153 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!