ついつい飲みたくなる「ハーテンバーグ・カベルネ・シラーズ」を飲む

1692年設立の南アフリカを代表する老舗の「ハーテンバーグ・カベルネ・シラーズ」を飲みました。

ハーテンバーグは、南アフリカのステレンボッシュを拠点とするワイナリーです。

このワインは、サクラアワード2017年にダブル金賞を獲得、また2010年ヴィンテージはワインアドヴォケイト 90ポイントを獲得と話題性に富んでいます。

今回はスタンダードレンジではなく、カジュアルなエントリーレンジを試してみたいと思います。

ブドウ品種は、カベルネソーヴィニョン 47%、シラーズ 43%、マルベック 6%、プチベルド 4%です。

色は濃い真紅です。香りはカシス、ブラックベリーが前面に出てきます。また、黒胡椒などのスパイスのニュアンスも感じ取れます。

味わいですが、比較的豊かな酸とミネラルが感じられ、しっかりとした骨格があります。

タンニンもキッチリ効いていてフルボディの味わいですね。

他にはシラーの枯れ葉っぽいニュアンスや、ミルクっぽいニュアンスもあり、なかなかこの値段では、良い出来だと思います。

このワインに合わせるなら、グリルした肉ですね。ビーフシチューなんかも合うと思います。

ティム アトキンの格付で2級のワイナリーだけあって、エントリーレンジでもキッチリ作り込んで来てますね。

コスパはかなり高いと思います。

2千円前後では、南アフリカ産ワインの圧勝がしばらくは続きそうです。

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 67 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!