とんかつ発祥の地で人気のカツカレー「王ろじ」(新宿/カツカレー)

1912年にとんかつを作り出した「王ろじ」に行ってきました。

とんかつに関する歴史といえば、1899年に煉瓦亭で豚肉のカツレツを提供が開始されました。そして、1912年に王ろじで、油で揚げるとんかつを提供し始めたと言われています。

大正10年創業なんて、まさに老舗のトップランナーですね!

11時40分に店の前に到着すると、既に店の外まで並んでいる・・・
15分程度待つと相席でしたが着席。

大人気のとん丼をオーダーします。

以前、テレビ番組で出川哲朗さんが、豚汁を絶賛していたんですよね。豚汁は次回にオーダーする事にして、今回は諦めます。

メニューに「とん丼は揚げるのに12分かかります」とメニューに書いてあるので、お茶を飲みながら待ちます。

王ろじ名物のとん丼が到着!

ちょっと小ぶり深めの丼ぶりに、テカテカしたカレーとご飯が盛られています。

その上に3つに切られたとんかつがドドーンと乗っかり、さらに上から、とんかつのタレがかかっています。

カレーを上からかけない形なのが、とん丼です。タレはテーブルにも置いてあるので、好みで追加できます。

カレーのルーは、インディアンカレーという関東ではおなじみのSB食品カレー粉をブレンドして作っています。

やや甘口でマイルドなカレーなので、食べていくと、カレールーが必ず足りなくなります。笑

家庭の味っぽく昔懐かしい感じで、おいしいね。

カツは豚のロースを巻いて、筒状にして揚げてあります。断面がしっかり肉の繊維を切ってあって不思議な巻き方です。

薄い衣は、カリッとお肉はふんわり柔らかで旨味があり、美味しいです。

食べ終わる頃に気付いたのですが、どんぶりとお皿が一体でした!へー、これは珍しいとまじまじと見てしまいました。笑

とんかつの歴史を語る上で、外せないお店に来れて幸せです。これからも長く続いて欲しいです!

また会いにくるぜ、じゃあな!

関連ランキング:とんかつ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

(Visited 208 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!