何だかハイカラな洋食屋みたいな「ステーキハウスそよかぜ」(新宿/ステーキ)

40年以上も続く新宿ランチ戦争を勝ち抜いてきた、この界隈でゆったりステーキランチがいただける「ステーキハウスそよかぜ」に行ってきました。

こちらのお店は新宿の甲州街道からちょっと入ったビルの地下にあります。新宿郵便局に向かう通りになります。


無事ビルに入っても半信半疑。防災センターやら守衛室やらを抜けるとようやくお店を発見!

地下にあるため、ちょっとわかりにくい場所にあるので通りすがりでは入りにくい店構えです。

お店の外観は、昔ながらの町の洋食屋さんを思わせます。

サービスステーキは重さを選べます。

メニューを見ると、ランチステーキのサービスロースは牛脂注入肉と書かれています。安く提供できるのにも納得です。

何と言っても、ここのランチのオススメは、ランチステーキ1080円です!

焼き加減が選べるのが嬉しいですね!

今日はサービスロース200gをレアでオーダーしてみました。

あっさりドレッシングのサラダはみずみずしくシャキッとしています!

コンソメスープは、パンチが効いて、おいしいね。

サラダが食べ終わったころ、ライスとステーキが運ばれてきました。ステーキは編み編みの焼き目がきれいで、見るからにおいしそうです。さっそくいただきます。

ステーキは、脂の乗り、柔らかさ、まさに日本の洋食屋のステーキ。焼き加減はレア。上手に焼かれてます。

スッとナイフが通る柔らかさ、弾力のある歯ごたえ、如何にも「肉食べてます!」といった感触がたまりません。

ステーキは絶妙な焼き加減のお肉が美味しいのはもちろんのこと、ソースは醤油ベースですがデミグラスのような風味・甘味もあり何とも言えない美味しさ。

また、付け合わせはニンジンのガレッド、インゲン、ポテト、コーン、そしてレモンです。

甘みのあるもの、苦みのあるもの、酸味のあるものと様々な付け合わせがあって、色々な味を楽しむことが出来るので嬉しいです。

味・ボリューム・お値段において、すべてに文句なし!

旨安の殿堂入りステーキ屋さんの決定版です。

ちなみに、案内された席に座った際にふと気づいたことがあったんですが、店の奥に一段高くなっているところがあって、そこのスペースには畳が敷かれ、テーブルと座布団が置かれているスペースがあります。

なぜステーキハウスに座敷があるのかと言うと、夜の部で意外と需要があるんでしょうね!

また会いにくるぜ、じゃあな!

関連ランキング:ステーキ | 都庁前駅新宿駅南新宿駅

(Visited 164 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!