讃岐うどんを流行らせた麺通団「讃岐うどん大使 東京麺通団」(新宿/うどん)

西武新宿で讃岐うどんをブームにした讃岐うどん屋の「讃岐うどん大使 東京麺通団」に行ってきました。


讃岐うどん好きには言わずと知れた、田尾氏率いる麺通団が、香川県の「宮武讃岐製麺所」と手を組んで立ち上げた店です。

また、映画「UDON」のモデルになったことでも知られています。

讃岐うどん食べ放題って!そんなに食べられないYO!

最近はメニューの幅も広げてやってますね。

どれも美味しそうです。

入店して、入り口のところでうどんを注文します。かけ、ぶっかけ、かまたまといった讃岐うどんの基本メニューだけでなく、キムチうどんやめんたいしょうゆといった讃岐うどんらしくない変わり種もあります。

その中から、ぶっかけ大を注文しました。

その場で茹でた麺を受け取り、サイドメニューを自分で追加してからレジでお会計という半セルフ式になっている。

サイドメニューは、かしわ天を追加します。

レジの横には無料の天かす、青ネギ、おろしショウガがあるのでそちらも盛ります。

ひやかけ、あつかけともにダシはセルフで入れるスタイルです。これは、本場のスタイルなんかな。

ぶっかけは冷たい麺に冷たい出汁、上にはレモンが添えられています。

出汁はイリコの香りが弱く、砂糖の甘味や醤油感が強め。

機械切りされた麺は、ツルツルとした口当たりにモチっとコシを感じます。ただ、弾力が少し弱い気がします。

時間帯を考えれば仕方ないのかもしれませんが、かしわ天は冷めていて微妙でした。。

揚げ物は種類を増やさず、一つ一つのクオリティーを上げて欲しいと思います。

また会いにくるぜ、じゃあな!

関連ランキング:うどん | 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅

(Visited 160 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!