タモリも大絶賛の蕎麦屋「そばよし」(日本橋/そば)

ブラタモリにも紹介されたタモリさんもお気に入りの日本橋・三越前の昭和通沿いにある蕎麦屋「そばよし 日本橋店」に行ってきました。そばよしの京橋店は「そばよし 神谷町店」に移転されています。2017年から京橋店が場所を変えて再度オープンしました!

こちらのお店はメディアの露出度も高く、テレビではブラタモリ以外にも、ワールドビジネスサテライト、マツコの知らない世界、マツコ有吉の怒り新党、有吉くんの正直さんぽ、メレンゲの気持ち、グッド!モーニング、なないろ日和、サンデージャポン、中川翔子のマニアマニアルなどで紹介されています。

sobayoshi-buratamori

そばよしは、江戸時代後期から日本橋で鰹節問屋を営むご主人が、厳選したかつお節を有効活用するため2001年にオープンさせた立ち食いそば屋さんです。

蕎麦屋をオープンさせたのは、現在社長の山崎能孝(よしたか)さんの決断で、自分の名前の一字を店名に入れて「そばよし」となったそうです。

お店は、昼の12時から13時までは結構サラリーマンの方が多く外まで行列になっていますので、10分から15分程度待つことがありますので、それを覚悟で行くか、時間をずらして行くといいです。

sobayoshi-gohan-kakiage

そばよしは鰹節問屋さんだけあって、汁は香り高く味わい深く一流の蕎麦屋さんも顔負けです。

厳選した鰹節をたっぷりと使っているため、化学調味料はもちろん使用していません。そのためダシのうまさを存分に堪能できます。

そばはコシがあり、そば粉の旨味がほんのりと感じられます。

写真はないのですが、別の日にいただいた季節限定の「生のり そば」も絶品でした。磯の香りが凄い感じられ、海苔がシャキシャキしていて絶品だったので、個人的にはおススメしたい一品です。

img_2369

また、かつお節を削る際に出る「粉かつお」をライスの上にかけ醤油を垂らして食べるのが、これまた絶品です。

店主は、昔から粉かつおをライスにかけて食べられていたそうです。

そばを食べ終えたら、残ったそば汁をごはんをにかけると、鰹だしの効いた「追い鰹汁かけ おかかごはん」は最高の飲み物に変身。うますぎます。

おかかごはんに生玉子をかけて食べている方もいらっしゃいましたね。

sobayoshi-gamannogenkai

この「粉かつお」ですが盗難が頻発していて、このまま続けば対策を取らないといけないという張り紙がされていました。

それでも盗難は無くならず、とうとうお店側も堪忍袋の緒が切れたようで、もう我慢の限界です!という張り紙に。

対策としては、ごはんを注文した方のみに「粉かつお」を渡す運用になったようです。盗難なんてセコイことしないで欲しいなぁ。

家で味わいたいのであれば、このようなセット商品でも買って「追い鰹汁かけ おかかごはん」を堪能しましょう!

また会いにくるぜ。じゃあなっ

関連ランキング:立ち食いそば | 三越前駅日本橋駅新日本橋駅

(Visited 1,558 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!