リッチなトロピカルなアロマと酸味がある「プナム・クラシック・ソーヴィニヨン・ブラン」を飲む

サクラアワードでダブルゴールド獲得したニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランらしい「プナム・クラシック・ソーヴィニヨン・ブラン」を飲みました。

今回いただくワインは、先日秋葉原で開催されたイオンワールドワインフェス試飲会で値段の割りに中々良かったソーヴィニヨン・ブランです。

こちらのワイナリーはニュージーランドの南島のマールボロで作っています。

プナムとは、ニュージーランドの南島でのみ発掘される、秘蔵の緑色の石の事だそうです。

ニュージーランドの人々にとって、プナムは平和のシンボルに位置付けられ、天と地、星と水を結ぶものと呼ばれています。

このワインの評価としては、ワインアドヴォケイト90点獲得、また、サクラアワード2017はゴールド、2018はダブルゴールドを受賞して評価は上々です。

それではテイスティング・コメントにいってみたいと思います。

色は、薄っすらと緑がかった輝きのあるイエローです。

香りは、フレッシュなハーブとリッチなパイナップル、グレープフルーツ、パイン、ドライバナナをミックスしたようなトロピカルフルーツの複雑な香りがあります。

味わいは、心地の良い酸味と落ち着いたハーブ感が広がって、いかにもソーヴィニヨン・ブランらしい緑の草原を駆け回っているような爽やかな気持ちにさせてくれます。

最後に残る酸味と苦味もしっかりあり、フレッシュでキリッとラストを締めるアフターがなかなか良いです!

果実味や青っぽい草の感じがあり、ソーヴィニヨン好きは納得の味だと思いました。

値段もカジュアルなので日常的に使えるかと思います。

合わせる料理としては、野菜、魚、鶏肉などの素材を活かすものであれば、幅広くマリアージュすると思いますので、色々な楽しみかたが出来ると思いますよ!!

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

新大陸のワインについて知りたい方へ是非読んで見て欲しい1冊です。

(Visited 135 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!