肉料理との相性抜群の「レ・マッキオーレ・ボルゲリ・ロッソ」

今日の1本は、楽天内のトスカニーで購入したイタリアのレ・マッキオーレ・ボルゲリ・ロッソ。

まずは一口。お、おぉー。

濃厚なブルーベリーの果実香、そしてまろやか。渋みと酸のバランスが素晴らしく、ボリューム感があり、エレガントです。
サンジョヴェーゼほどは酸が立っていないので飲みやすいです。

まだ、若い感じがするので4、5年ぐらい寝かせてから飲んでみたいです。

ちなみに、マリアージュ 神の雫 最終章の1巻で、神咲雫がイカの塩辛とマリアージュさせたワインとして登場していますが、添加物がいっぱいの塩辛で試しましたが、とてもマリアージュしているとは思えませんでした。(漫画では添加物が入っていないものじゃないと合わないと言っているので合わなくて当然か)

スポンサーリンク

 レ・マッキオーレ・ボルゲリ・ロッソ

  • ワイン名:レ・マッキオーレ・ボルゲリ・ロッソ
  • タイプ:赤ワイン
  • 品種:メルロー 50%、カベルネ・フラン 30%、シラー 20%
  • 生産地:イタリア トスカーナ
  • 生産者:レ・マッキオーレ
  • 実売価格:約2,900円
  • 評価:ワインスペクテーター 90点
(Visited 238 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!