Mr.スモーキーと言っても過言ではないモンスターワイン見つけた!「 コペルティーノ・ロッソ 2013」を飲む

イタリアのプーリア州からのコスパ最強で、カサーレ・ヴェッキオ モンテプルチアーノ・ダブルッツォを凌駕した「コペルティーノ・ロッソ・ロッカ・ディ・モリ」を飲みました。

こちらのワイナリーは、DOCコペルティーノの中のモンテローニ・ディ・レッチェにある家族経営の生産者です。今は兄が社長で弟がエノロゴ、この二人を中心に7名のスタッフで運営されています。その年の作柄の出来栄えによって、造るアイテムを変えています。良いヴィンテージにしか上のクラスのワインは造らないというポリシーは素晴らしいですね。

では、感想です。
こちらのワインのセパージュは、ネグロアマーロ70% モンテプルチアーノ30%です。

色は黒に近いダークレッド。一発目に香るのが強烈なスモークされた香りと、熟したプラム、ジャムっぽい香りです。胡椒などのスパイシーな香が溢れてきます。

口の中にギュッとした凝縮感ある果実の旨味が広がってきて、アルコールをやや強めに感じられます。ストラクチャーもしっかりしていて、豊かな酸を備えていて、本当に1000円台か!?とビックリするほどの複雑さを持っています。

タンニンは強めですが、荒々しいイメージではありません。余韻は長くて、果実の旨味と共に、タンニンが後味に残ります。

たっぷりとした果実感にあふれた味わいで、心地よい甘さもあり、とてもバランスのとれた味わい深いアイテムだと思いました。こんなリーズナブルで素晴らしいワインが沢山あるのがイタリアの良さでもありますよね!

こちらのワイナリーのオーナーは、良いワインを造ることは重要だが、人の印象に残るワインを造りたい。10人中9人に嫌われてもいいから、ロッカ・デイ・モリだと分かってもらえるワインをめざしたいという言葉通り、私は凄く印象に残る一本になりました。

そして、お値段的には1000円台とお値打ちなので、神の雫で人気になったカサーレ・ヴェッキオ モンテプルチアーノ・ダブルッツォを超える、コスパ最強モンスターワインの登場だと思います!

以前飲んだロッカ・ディ・モリのサリーチェの感想はこちらで書いたので、良かったら見てください。

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 154 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!