キツめに冷やして飲むのがgood「アルベレッロ・ビアンコ・プーリア・オーガニック・フェウディ・サレンティーニ」を飲む

イタリアのプーリア州では一歩抜きん出たサリチェ・サレンティーノの「アルベレッロ・ビアンコ・プーリア・オーガニック・フェウディ・サレンティーニ」を飲みました。

フェウディ・サレンティーニは、レポラノで1994年に創業しました。

フェウディ・サレンティーニという名前は、中世の封建主義に由来しているそうです。

そしてサレンティーニの周りはブドウ畑で、何百年もの歴史のあるオリーブ樹、そして透明な海に囲まれており、その地域で最も美しいエリアにあるワイナリーなんだそうです。一回ぐらい行ってみたいですね!

プーリアは果実香の富むフレッシュな若飲みタイプが多い印象ですが、テイスティング・コメントにいってみたいと思います!

セパージュはマルヴァジーア 40%、フィアーノ 30%、シャルドネ 30%です。

色は、薄みがかったレモンイエローです。

香りは、柑橘系のグレープフルーツ、レモンなどのフルーティーな香りです。白い花のような香りも感じ取れます。

味わいはフワッと広がるフレッシュな酸味のある果実味を感じ、余韻が長くもフレッシュです。キツめに冷やしていたのですが、それがドンピシャで当たりました!

手巻き寿司と合わせましたが、なかなか良かったです!オススメです。

1000円台中盤の価格帯なのに、この味わいなのでまた飲みたいです!!参考になる一本でした。

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 60 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!