ラーメン業界に革命を起こした創作ラーメンの「ラーメン・ドゥエ・エド・ジャパン」(虎ノ門/ラーメン)

評判通りの美味しさが光る「ラーメン・ドゥエ・エド・ジャパン」に行ってきました。

こちらのお店は、日比谷パークフロントの地下1階にあります。

それにしてもこの界隈は通常のラーメン屋が存在するには少し敷居が高い小奇麗なオフィスビルです。

なので、似合わないと思っていましたが、なんのその。ハイソな雰囲気でも全く問題ないお店の佇まいです。

お店案内の写真を見ると、なにか未知のラーメンに出会わせてくれそうな期待感をもたせてくれます。

左上の法則だとイチオシは醤油ラーメンみたいですが、オーダーはテレビ番組で紹介していた、らぁ麺生ハムフロマージュにします。

店内は決して広くないのですが、内装を工夫をこらして非常におしゃれな雰囲気を感じさせてくれます。また、お店のスタッフのサービスも実にスマートです。

5分ほどして器を受け取ってから、黒スーツのスタッフは突然名刺交換を始めようとするような仕草をします。

少し焦りましたが、完全な勘違いで食べ方の指南カードを渡してくれただけでした。笑

お箸やレンゲをテーブル席の引き出しから取り出して、いざ実食です!

まずスープですが、鶏ガラの非常にスッキリした芳醇な旨味があり、香味油の雰囲気が華やかです。カドのない、まろやかな塩でキュっと締めるバランスが取れたスープです。

次はカードの説明通り、チーズを麺と絡ませて食べるように書いてあったので素直に従います。

チーズの固まりを少し崩して麺と合わせてつまんで引き上げると、麺に白いチーズがコーティングされてきます。

そこに薬味のネギがからみつき、さもクリームパスタをススルような構図になります。

かなりワクワクする見栄えの麺を一気に食すと、チーズの塩気とスープの塩気が見事なマリアージュです。

チーズ自体もツルツルとスベリこみ、非常に食べやすくてびっくりしました。

生ハムはチーズをからめて、麺と合わせて食べるようにとテレビで言っていたのを思い出して、その通りにして食べてみました。

生ハムは熟成の風味が素晴らしく、スープに合わせるよりもチーズと合わせて口に放り込むと、美味しいね。

ラーメンのトッピングとしては、ちょっと塩っ気が強すぎるかなって思いました。

仕上げは、チーズの風合いがスープに乗り移り、塩気と風味がパワーアップしたスープに深いピンクの美人玄米を投入します。

春の景色のように明るくなったご飯にスープを吸わせてリゾット風に仕立てます。

鶏塩スープにフロマージュが溶け出したスープに米に染み込ませるので、美味いに決まってます!

ズゾゾゾっとさっさと頂き完食です!スープも残さずにごちそうさまでした。

結論から言うと評判通り相当美味しかったです!!!

また会いにくるぜ、じゃあな!

関連ランキング:ラーメン | 内幸町駅虎ノ門駅霞ケ関駅

(Visited 46 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!