S&Bのレトルトカレー名店の味で発売された「プティフ・ア・ラ・カンパーニュ 」(半蔵門/カレー)

欧風カレーの名店、神保町のボンディ出身のオーナーが作る「プティフ・ア・ラ・カンパーニュ 」に行ってきました。

こちらのお店は、半蔵門というロケーションらしく、落ち着いた雰囲気の外観です。

入口は通りから少し奥まったところにあり、お店の前にはベンチやサインなどが置かれています。

外観はオシャレな、フレンチレストラン風です。

扉を開けて中に入ると狭い通路状のエントランスになっています。

お昼時なので、店内の椅子で待つように言われ、メニューを渡されます。

オーダーは、ビーフカレー辛口にキマリッ!

シーフードサラダは、良いお値段しますね〜。


まずは、定番のジャガイモが配膳されました。1人様2個で、ホクホクしておいしいね。

欧風カレーのお店では前菜としてジャガイモが出ることが多いですよね。

ここのバターは柔らかくて、さらっとつけられてストレスを感じません。よく、カッチカチの出すお店がありますが、あれはいただけない。今日は全く違いましたよ。笑

カレーはポットで提供されるスタイルで、いかにも欧風カレーといった感じです。

ご飯はサフランライスではなく白米です。欧風カレーに関しては、白米のほうが合いますよね!

カレーをライスにかけると、大きな角切り牛肉がごろごろ出てきます。

牛肉は柔らかく、かと言って煮崩れしてもなく、程良い煮込み具合です。

カレーソース自体は、サラッとしていますが、ひと口食べると、甘さの後に心地よい辛さがきて、凄く深みがあります!!

コレは旨い!そして、野菜の甘さとビーフの味を十分に感じ、お互いの味を高めあっています!

マイルドで上品な味わいは、お店の雰囲気ともよく合っている。欧風カレーのルーの深い“旨味”を改めて認識させられました。

テーブルの薬味は、福神漬け、らっきょう、きゅうり漬け。

小ぶりの、らっきょはほど良い酸味が効いて、おいしいね。

店内から静かにカレーを食す上品な雰囲気を感じます。町のオシャレなカレー屋さんって感じです。

癖になる味で、リピート客が多いのにも頷けます。

ここのカレーはかなり好みなので、敢えて機会を作って、食べに来たいです!

また会いにくるぜ、じゃあな!

関連ランキング:欧風カレー | 半蔵門駅麹町駅市ケ谷駅

(Visited 107 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!