朝ラーでも行けるスッキリ端麗スープの「きたかた食堂」(新橋/ラーメン)

ラーメンで町興しに成功した喜多方ラーメンが喜多方市の枠を超えて都内にも殴り込みをかけてきた「きたかた食堂」に行ってきました。

こちらのお店は新橋の人気店でありながら
朝の7時から喜多方ラーメンが頂けるお店です。

お昼時になると、大概は並ぶことになります。回転率はそこそこなので、待ち時間は少なめです。

お店は出来てから5年ぐらいなので綺麗です。

注文は入口左手の券売機で、基本ラインの煮卵醤油らーめんの食券を購入します。

他にも江戸前の4種類の丼があります。コレは喜多方とは関係ないかな。

スープは王道のスッキリと、現在のブームを取り込んだマッタリが選べます。

当然、喜多方といえば淡麗のすっきりクリアな味が王道なので迷わず選択。

違いは背脂が入っているか否かになるようです。

スープの選択は食券を渡す際に、店員さんから聞かれます。

味変グッズは、醤油、胡椒、酢、一味唐辛子です。入れ物がお洒落ですね。

5分ほどで到着。

やはり喜多方ラーメンの見栄えはこうでないと!!

スープから頂くとスッキリしていて、優しい味が、美味しいね。独特なコクのある味わいで、想像していた以上に美味しいです!

出汁は豚骨と鶏ガラ、野菜類だと思いますが、豚骨の旨味が比較的強めに押し出されていて、その他の旨味は豚骨を下支えしている印象です。

そして、醤油スープのスッキリとした味わいがクッキリと舌に伝わります。

喜多方ラーメンは完全に淡麗系のままの方が、やはり美味しいと思います!

マッタリのスープは、背脂によってバランスを欠くと思います。背脂はなくても良いというより、在ってはいけないぐらいの気がします。

麺はガシっとしたタイプで、形状は喜多方らしい縮れ麺です。

少し弾力が強めの印象で、スープとの相性もバッチリ!

熟成麺ならではのモチモチッとした歯応えと、ツルッとした、心地良い喉越しが感じられます。

そして、麺のほのかな小麦粉の甘味とコクのあるスープの旨味が、口の中で絶妙に絡み合って、喜多方ラーメン特有の深みのある味わいが生み出されています!!

チャーシューは恐らく種類が異なる部位のものが1つずつ入っています。脂の量が適度で良く、煮豚のようですが、染み込んだ味も良い塩梅で美味しかったです!

煮玉子は弾力がすごく、味の入りもしっかりしており完璧な仕上がりでした。

絶えずお客さんが来る意味は分かりました。感動的な味わいがあり、毎日食べたくなる様な飽きがこない味わいでした。

また会いにくるぜ、じゃあな!

関連ランキング:ラーメン | 新橋駅汐留駅御成門駅

(Visited 57 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!