曇天模様の「第4回 日本ワインMATSURI祭 2018@日比谷公園」のレポート

4月14日に第4回 日本ワインMATSURI祭 2018@日比谷公園に行ってきたのでレポートします。

スポンサーリンク

はじめに

少し時間がたっているので、メモを見ながらのレポートです。

今回は、なるべく飲んだことが無いワインに挑戦してみました。

第4回 日本ワインMATSURI祭 2018の概要

1.開催名 第4回 日本ワインMATSURI
2.開催日 2018年4月14日(土)
3.会場  日比谷公園
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-2
4.時間  13日 15:00~21:00, 14日&15日 11:00~17:00
5.料金  前売3,000円、当日3,300円

北は北海道から南は大分県まで、18都道府県56ワイナリーが集結です。

昨年は17都道府県46ワイナリーの参加なので、増加傾向ですね。

会場の風景

14日は天気が曇りだったこともあり、お客さんの出足は少し鈍いかなと思いました。

チケット交換ブースは、昨年開催された山梨ヌーボー祭りのレポートと同様の位置にあります。

カップはプラカップでこちらも昨年と同様です。。。

昨年のレポートにも書きましたが、脚(ステム)と台(プレート)がセパレートになっていて外れやすいです。外れたら最後、貴重なワインがこぼれるという大惨事が発生します。(今年は外れませんでしたが・・・)

これだけは何とか改善してほしいです。。。

今年はスタンプラリーをやっていて、5つのエリアのワインを制覇すると抽選が一回できます。

早々に制覇したのですが、抽選は外れてしまいました。残念!

各ワイナリーからオリジナルの品やワインが提供されていて、楽しみが増えてよかったです!

今年はチケット制でした。

3日間使えるので余ったら、次の日にも来れるので、これはこれで良いかと思います。無くなった人には、1枚1枚ばらでも、売ってくれます。

それでは、お待ちかねのテイスティングです。

三和酒類(株)(安心院葡萄酒工房) 安心院スパークリングワイン

読み方は「あじむわいん」といいます。霧深く温度差の激しい三和酒類が所有する「安心院葡萄酒工房」の所在地「安心院町」からきているそうです。

飲んだことが無いものを中心に選ぼうとしたのですが、泡モノは辛口があまりなかったので、昨年に続き、これを一杯目に選びました。

泡のきめ細やかさは安定していて、泡もシャンパンの5気圧以上を超え、安心院スパークリングワインは約6気圧!クリーミーな泡がカップをキラキラと装飾してくれます。

香りは、トロピカルフルーツや、トーストを思わせるニュアンスです。

とても良い辛口スパークリングワインの筆頭です!

OSA WINERY tabi sparkling(タビスパークリング)

北海道の小樽から旅路(たびじ)という地ブドウから造られたスパークリングです。

柑橘系の香りが中心で、ハッサク、レモンのニュアンスを感じます。豊かな酸が感じられ小樽鮨との食前酒に合いそうです!

スパークリング一本の味わいというより、日本酒の代わりになりそうな一本です。

ちなみに、2015年ビンテージは売り切れなので、I(アイ)スパークリングのリンクを貼っておきますね。

越後ワイナリー スパークリングワイン梅

梅果汁をブレンドした、ちょっと変わりモノのスパークリングにトライ。

爽やかな酸味と、すっきりした飲み口で飲みやすく、喉越しも抜群です。

ただ、これは梅サワーじゃん!

醸造方法はワインかも知れないけど、無理やりワインにしなくてもという感じ。

はすみふぁーむ&ワイナリー 信州の甲州

山梨産の甲州を、信州の標高の高い場所で栽培しているそうです。

しっかりした酸と複雑なハーブっぽい味わいが特徴です。

好き嫌いがある一本ですかね。

サントリーワインインターナショナル(株) 青森・津軽・ソーヴィニヨン・ブラン

これぞテロワールを反映したワインと言っても過言ではないです!

青りんごの爽やかな香りが爽快です。

酸味とソーヴィニヨン・ブランっぽい柑橘系の香り、ハーブ香もあります。

ただ何といっても青リンゴの香りが光ります。

後半にかけて引き締まりも感じます。中々良い出来だと思いました。流石はサントリーです。

シャトー勝沼 生詰め甲州

表現があっているのか分からないのですが、甲州を生詰めしているためなのか、熟成度が低いように感じました。

CFaバックヤードワイナリー オープニングアクト 甲州 オールドファッションド

色合いは、甲州なのに果皮と一緒に発酵させたために、オレンジ色です。

ハーブとカリンのニュアンスが凄く強く、クセがあって個人的には飲みにくかったです。

慣れの問題なのかもしれませんが。

秩父ワイン 源作印 甲州シュールリー

いわゆる甲州のオーソドックスなワインです。良くできていて、おいしいね。

さすがは、日本ワインコンクール2017金賞受賞ワインですね!

リンクは甲州シュールリーが無かったので、GKTの方です。

ワイナリーこのはな 鴇・小公子

味わいは、まるで白ワインのようにすっきりしています。ミネラル感が凄いのですが、まるで好みではなかった。。

色と味わいのギャップで、自分の味感がついていけなかったのかな。笑

マンズワイン ソラリス・ユヴェンタ

少しはメージャーどころを。

東山ほどではないのですが、メルローのふくよかさが、口いっぱいに広がり美味しいですね。これは流石です。

さぬきワイナリー シャート志度

さぬきRED R-1を求めに行ったのですが、既に完売!

ということで、ランブルスコ・サラミーノというイタリアのブドウで造ったシャート志度をいただきました。

欧州品種だけあって、本格派の味わいです。

香りは、とても甘くエレガントです。しっかりした酸味とボディがあって、アフターは柔らかい果実味を感じます。

お得感がある一本です。これは良い発見でした!

カンティーナ・ジーオセット ヴィー ノ・チェラスオーロ

一言で言うとトマト!

色合い通り、トマトのような酸味が感じられ、スッキリとしています。あと青っぽいニュアンスがあったかな。

これも色と味わいのギャップで、自分の味感がついていけなかった一本です。笑

面白い試みで、参考になりました。

ノーザンアルプスヴィンヤード オルター・メルロー

色は明るいルビー色。柔らかいラズベリー、バニラ香、赤シソっぽい香りのニュアンスがあります。

長野のメルローって完成度高いですねぇ。山梨のマスカットベーリーAより好きです。

大分、飲んだこともあり、お散歩がてらプラプラしますとチューリップが咲き乱れていました。

さいごに 本日のNo.1ワイン

本日、一番と思ったNo.1ワインは、思いがけない出会いという点も加点要素とし、さぬきワイナリーのシャトー志度とします!

そして、安旨ワインNo.1ワインも、さぬきワイナリーのシャトー志度でした。二冠です!!

今回は飲んだことが無いワイナリー、アイテムを中心に回りましたが、個性豊かで面白いアイテムが沢山あり、勉強になりました。

個人的には、ワインの色と味わいにギャップがあると、感覚がついていけないということが体験でき、面白かったです。慣れれば正確に味わえるのでしょうねぇ。

翌日は天候不良が予測されたため、日曜日の開催は無くなり残念でしたが、また来年も日比谷公園で開催してくれると良いですね!

昨年の第3回日本ワイン祭りのレポートもあるので良かったら読んでみてください。

いやー、ワインって本当に良いものですよね!さよなら、サヨナラ、さよなら!

(Visited 173 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!