フィレンツェの名門ワイナリーが作る「マルケージ・トッリジャーニ トッレ・ディ・チャルド」を飲む

またまた今日もイタリアからの一本です。フィレンツェ最古のワイン造りの歴史を誇る名門ワイナリー「トッリジャーニ」がつくる「マルケージ・トッリジャーニ トッレ・ディ・チャルド」を飲みました。

image

ブルーベリーやプラムの果実香にスパイシーなニュアンスもすこしあります、また、バニラやローストした樽の香りなど複雑でリッチです。
タンニンも柔らかく、しっかりと溶け込んでいますね。
このクラスのサンジョベーゼとしては、まとまっていると思います。

ちなみにセパージュはサンジョヴェーゼ75%、カナイオーロ15%、メルロー10%です。

image

個人的には、もう少しパンチが欲しいかなとも思いますが、上質なキャンティ・クラッシコが2000円台前半ならありでしょう。ブラボー

本間チョースケが独断と偏見で選ぶイタリア安旨ワイン203連発で、トスカーナのラトュールと記載されていて、コスパワインとしてオススメされていました。

本間チョースケさんの著書

(Visited 123 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!