南インドの踊るマハラジャ的な「インド料理 MUTHU (ムット)」(新宿/インドカレー)

店主の優しそうなキャラがイケてる本格的な南インド料理の「インド料理 MUTHU (ムット)」に行ってきました。

こちらのお店は、こじんまりとした店の外観に、料理の写真が満載で、全力でインド料理を主張しています。

11時半に行くと、私以外のお客さんは誰一人としていませんでした。この間、ず~っと客は私1人。不安なような、寂しいような。笑

店内にタミール音楽が流れていたとはいえ、やっぱ、ちょっとさみしい。。。

でも、店主はまだのんびりしていたようで、私が店に入ると慌てたようで、厨房で何かをひっくり返すガッチャン!という音が聞こえてきました。笑

店主は慌てん坊のおっちゃんのようです。笑

メニューをいただくと、日本人には定番のインドカレーがならびます。

少し変化球的なものが食べたくなったので、本日の日替わりカレーセットにチャレンジしてみます!

オーダーをして、店内を眺めますといかにもインドらしいくっきりとした色合いに、ガンジーさんの写真やインド的な掲示物が内装を飾ります。

定番はミールスと書いてあります!!
くぅ〜、ミールスに替えたい!という気持ちを抑えカレーを待ちます。笑

カレーは、サンバルです。正確に言うと、日本人にはカレーでも、インド人にはカレー煮込み・煮物的な料理なんです。

甘酸っぱい酸味と優しい野菜の味が、インド人の家庭料理ってこんな感じなんだろうなと思わせる味わいです。

サラダも、若干の酸味が効いてカレーと上手くマリアージュしていて、おいしいね。

豆や、芋、揚げパンが、ぷりたつに入ったカレー煮込みは、ナンと非常によく合います。
炭水化物マックスだ!

日本人だとシチューにパンの組み合わせの方がオーソドックスかも。

最後にホットチャイをお願いすると、目の前でカップとその受け皿とに交互にチャイを入れ替えつつ撹拌させてから提供してくれます。全く溢れることなく提供するその技術には熟練の技を感じさせられます。

インパクトがあるテーブルクロスは、庶民性が混沌と混じっていて、これがインドらしくて、面白かったです!

家庭的な日常料理っていう感じですかね、パンチがあるっていうわけじゃないけれど、飽きない味。インドのお家にお呼ばれして、いっぱい食べてねと出される料理なんでしょうね!

また会いにくるぜ、じゃあな!

関連ランキング:インド料理 | 西武新宿駅新宿西口駅西新宿駅

(Visited 362 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!