新宿でナンバー1のタイ料理「バンタイ」(新宿/タイ料理)

本格タイ料理の「バンタイ」に行ってきました。

新宿は美味しいタイ料理屋さんが多いのですが、その中でも1番好きなタイ料理屋さんに行ってきました。

こちらのお店は、靖国通りの新宿大ガード東交差点と、歌舞伎町交差点の中間、ヤマダ電機向かいの歌舞伎町一番街に入り30メートルぐらい行った、左手のビルにある人気のタイ料理店です。

こちらのビルには、歌舞伎町らしいお店もテナントとして入ってますが心配せず入って下さい。笑

エレベーターがあるので3階に行きます。

入り口に来ますが、合ってる中不安になるかもしれませんが、それでも入ってください。笑

入り口には等身大の木彫りの女性像が置かれ、クラブのような重厚な扉があります。

店内に入ると、以外にも中は広く、10数卓のテーブルが置かれています。

テーブルに案内され、メニューを渡されます。

ランチメニューは定番のカレーから、チャーハン、麺類、定食っぽいものまで、種類は沢山揃っています。

タイ料理と言うといつもカレーばかり頼んでしまいます。今日もレッドカレーをオーダーします。

店内のテーブルや椅子は、どれも木彫りで格調の高さを感じます。

また、壁にもタイの絵や置物が飾られ、タイの音楽が静かに流れ、現地の高級レストランの雰囲気が漂っていて格式の高さも感じられます。

お客の比率は、若干怪しい入口にも拘らず、お昼休み時間を利用した女性が8割以上と意外でした。笑

5分程度待つと、レッドカレー、ごはん、サラダ、スープ、デザートがトレーにのって出てきます。

カレーの表面には、ピーマン、赤ピーマンが彩りを添え、中の方には鶏肉やタケノコのスライスがたっぷり入り、バジルの葉や赤唐辛子も混ざっていました。

ココナッツミルクの濃厚な甘さと芳香な香り、そしてビリビリ来るスパイス辛さどちらも超濃です。

この甘さ・香り・辛さが同時に個々が立った状態で襲ってくるので、イメージしやすい最初はまろやかで凄く甘いのに、結構ピリッと辛いのが緩急があって、癖になる美味しさだと思います。

ここまで、しっかりメリハリがあり全体の味が調和しているタイカレーは久々かも。

ジューシー且つきちんと歯ごたえのある絶妙な固さで、食べ応えが物凄いです。笑

パッと見、量が少なく見えたが満足感は高く、味の濃さを考えればこれ位が丁度良いのかも。

具沢山で味のバランスも良く、屋台の味というよりはレストランの味って感じがします!

ライスはタイ米ではなかったのですが、個人的には日本米の方が好みなので、これで良い。

カレーを、ライスに乗せて食べたり、交互に食べたりして存分に堪能します。

スープは程よくスパイスが効いてあっさりとした美味しい味わいでした。

デザートはココナッツミルクの中にタピオカ沢山入っていて、かなり濃厚な甘さが、おいしいね。口直しに最適でした。

ランチタイムだと手抜きしたカレーを出すタイ料理屋さんも少なくないのですが、こちらは手抜きなく、そして味も本格的で素晴らしいです。

新宿でナンバー1のタイ料理は、バンタイで決まり!文句は受け付けません!

また会いにくるぜ、じゃあな!

関連ランキング:タイ料理 | 新宿西口駅西武新宿駅新宿駅

(Visited 320 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!