南インドらしいスープっぽいカレーがジワリと美味い「マドラスミールス」(新丸子/インドカレー)

沢山食べてもヘルシーで胃もたれしない南インド料理の「マドラスミールス」に行ってきました。

新丸子にある南インド料理屋さんで本格的なミールスを堪能出来ると言う噂を聞きつけたので行ってきました!

お店の場所は東急東横線の新丸子駅から東口を真っ直ぐ綱島街道に向かって歩いて綱島街道を渡った先を1分くらい進んだ右側にあります。

こじんまりとした外観ですが、パステルカラーに塗り分けられた玄関に、花びらでWELCOMEの文字が書いてあります。

マドラスを謳う店は、パステル調のスカイブルーをイメージカラーを使うことが多い気がします。南国の港町のイメージなんでしょうかね。

料理の写真が満載で、全力でインド料理を主張しています。

店内はインドっぽい内装でインド映画が流れており、あまり広い店ではないけれど、居心地は悪くなかったです。

ミールスとは南インドのいわゆる定食で、北インドとは違い、ナンではなくライスでいただくようです。

メニューは、カレーの種類が1種類のもの、2種類のもの、ドーサプレート、ミールスの4種類ぐらいに分かれています。

南インド料理の初心者は、ミールスを味わうべきと思いスペシャルミールスをチョイス。

世界最優秀ソムリエコンクールの決勝ブラインド試飲ワインでも採用されたスラ・ヴィンヤーズのワインが置いてありました。

ソービニヨン・ブランは有名ですよね。ランチだったので、飲みませんでしたが。。

暫し待つとミールスの銀盆が到着します!

右からキャベツとグリンピースの炒めもののポリヤル。

その上が、豆と野菜のカレーのクートゥーです。ライスと混ぜていただきましたがヨーグルトっぽい甘さのあるカレーでした。美味しかった。

その上が、辛さがきわ立つサンバル。ジンワリと後から辛さが襲ってきます。カレーっぽさは無い!笑

そしてスパイシーフライドチキンは、柔らかくスパイシーな仕上がりでした。

一番上は辛味と、ほどよい酸味のスープでラッサムと言うそうです。コレもカレーって感じでは無いですね。
 
甘くない揚げドーナツのメドゥワダ、薄いパリパリのせんべいのアッパラン、ライス、手前は厚いクレープ状でモチモチしているパロタとカレーと合わせると色々な食感が楽しめます。

ただ、ライスが一番相性がいいと思います!


  
上から、野菜カレーはジャガイモ、人参、カリフラワーが入っていました。

スパイスが絶妙なチキンカレー。今日のカレーの中で一番好きな味でした!

カレーは全体的にそこまで辛くありませんが、スパイスがふんだんに使われていて、とてもスパイシーでした。

デザートは生姜入りのココナッツ風味のヨーグルトです。

4種類の色鮮やかなチャツネは、ココナッツ、トマト、ミント、ジンジャー味でカレーのアクセントになっていて、こちらも良い箸休めになって楽しめました。

ジンジャーのチャツネはやめられない、とまらないような味わいで、美味しいね!瓶入りのものが店内で販売されていました。

最後に出てきたチャイも生姜風味のスパイスの効いた熱々のチャイで、とても美味しくいただけました。

どの料理も違いがはっきりしており、様々な香辛料の複雑な味で、飽きが来ません。

新丸子でこれだけ本格的な味のミールスが食べられるのは感激と言っても過言ではないかと思います。とっても美味しかった。

インドのお家にお呼ばれすると、いっぱい食べてねと出される料理なんでしょうね!

お腹いっぱいだぁ。

また会いにくるぜ、じゃあな!

関連ランキング:インド料理 | 新丸子駅武蔵小杉駅沼部駅

(Visited 95 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!