優雅なランチをパリのビストロで食べてるような錯覚に陥る「レ・ロジェ・ビストロ・ド・ロア」(京橋/ビストロ)

京橋で最優秀国家認定資格を受賞したアンドレ ロジェ氏が監修した、本格的なカジュアルフレンチを「レ・ロジェ・ビストロ・ド・ロア」に行ってきました。

お店の場所は、東京スクエアガーデンの1Fにあります。京橋駅から直結なのもうれしいポイント。天気のいい日には外の席でお食事もいただけます。

そして味も本格的で定評あるので期待が膨らみますね!

メニューを見た瞬間にハンバーグ一択だなと思ったのですが、サラダで1000円越えのメニューが目に入ります。

メリメロサラダと聞きなれないサラダだったので店員さんに、どんなサラダか聞いてみたところ、生ハム、サラミ、野菜等が、ごちゃまぜに入っているサラダという説明でした。

あまりイメージが沸かなかったのですが、気になってしまったのでオーダーしてみることにしました。

meli meloとは、フランス語でごちゃまぜという意味で、メニューのまんまなんですね。

メリメロサラダには決まりごとが無く、美味しければOKというカジュアルな、レシピ不要のスペシャルメニューみたいです。

その他にパンがつきます。セットで、ソフトクリームか飲み物もつきます。

当然、ここはアイスコーヒーをオーダーしました。

後で知ったのですが、ここはソフトクリームが有名だったんですね。残念。

お店はガラス張りのお洒落な雰囲気で、内装がパリにあるビストロそのもので、なんだかうれしくなります。

全体がガラス貼りなので6月の陽光が燦々と降り注ぎ、とても気持ちのよいランチタイムです。

5分ほどで大皿に盛られたサラダとバゲットが登場!

具だくさんのメリメロサラダとメニューにあるとおりボリュームは満点。

葉野菜に隠れて、写真では見えずらいのですが、パテ、きのこのマリネ、キャロットラペ、ポテトサラダ、野菜の酢漬けなどが盛り付けられて、サラダの上部には生ハムとサラミがのっています。

ソースは、ブラックペッパーとオイルがかけられていてスパイシーです。また、レタスにはフレンチドレッシングが、たっぷりかけられていて、味もしっかりしているので美味しいね。

しめじ、キュウリ、水菜、さつまいも、オニオン、ビーツなども入っていて、かなり食べごたえがあります。しっかり目のランチなるのでオーダーする時は覚悟しましょう。笑

パンは、バゲットとライ麦パン?が提供されます。これもまた中々です。

最後にアイスコーヒーを飲んで締めます。

ゆったりした時間を過ごせて大変満足でした。天井が高い開放的な空間が人気があるみたいで多くの女性客でにぎわっていました。

お店の雰囲気がとてもおしゃれなので、今度は夜に来てみたいです。

また会いにくるぜ、じゃあな!

関連ランキング:フレンチ | 京橋駅銀座一丁目駅宝町駅

(Visited 89 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!