新宿三丁目の遊び人なら押さえるべき激辛そば「つけ蕎麦 安土」(新宿三丁目/そば)

チョット怪しい場所に店を構える「バンコクスパイス」に行ってきました。

歌舞伎町のホスト街にある蕎麦屋さん。
古くからあるホスト愛 本店さんの目の前にあります。

営業時間が夜の6時から翌日の昼の2時までって、歌舞伎町らしいですね。笑

こだわりの蕎麦!楽しみです!

激辛に惹かれます!
蕎麦が少なめの200gから。大盛りにするとたちまち1000円オーバーなのは場所からかな。

ビジュアルは、そそりますね。

つけ麺っぽいけど、麺は蕎麦というのが新しい。うどんでも、中華そばでも良いかもね。

蕎麦はしっかりしていますが、値段の割に風味は感じない。

噛み応えを楽しむタイプの蕎麦です。

和風の出汁にラー油が入り、豚、鳥等の肉系の具材に、メンマ、葱、糸唐辛子等があしらわれています。

つけ汁は温かく、汁だけ見るとまるでつけ麺のつけ汁のようで、それがこちらのウリみたいですね。

ラー油で赤めのつけ汁にゴロッと揚げた鶏肉が2つ。

蕎麦の風味とつけ汁が意外に合って、とても気にいった。

玉子が食べ放題なので、つけ汁に投入し、別途頼んだご飯で、つけ汁玉子かけご飯にして食べるのが一押しです!

店内は歌舞伎町とは別の和の感じです。
テーブル席がいくつかあり木のぬくもりを感じます。

客層はやはり歌舞伎町ですね、夜系のオネーさんやホストっぽい感じの人ばかりです。笑

蕎麦でなく、ジャンクな麺料理だと捉えた方が楽しめますかね。

スタッフさんの愛想も良く、説明もしっかりしてくれるので良かった!

味は問題なく美味しいのだが、量が足りないのは自分のオーダーが悪いだけと反省して退店しました。笑

また会いにくるぜ、じゃあな!

関連ランキング:つけ麺 | 西武新宿駅東新宿駅新宿西口駅

(Visited 284 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!