ウチナーの日常食が味わえる「沖縄食堂 やんばる」(新宿/沖縄そば)

ウチナーが思わず立ち寄りたくなる「沖縄食堂 やんばる」に行ってきました。

ランチにやって来たのが、沖縄そば専門店。
随分昔から、この場所に店を構えていたかと思います。

場所は、新宿駅東口から歌舞伎町方面へ向かう途中の裏地区にあります。

沖縄そばという大きなオレンジ色の看板が出ていますので、よく目立つお店です。

近くに2号店もありますが、2号店が沖縄料理全体をカバーしているのに対し、こちらのお店は、かなり沖縄そばに特化した営業のようですね。

1番人気のメニューは、やはりゴーヤチャンプルです。

でも、少し苦手なんだよな、、、

ランチのメニューは、さまざまなバリエーションがあるみたいです。

チャンプルは、苦くないのかな。。

ウチナーを除き、沖縄そばがここまで豊富な店は、あまり見かけた事がありません。

オーダーは、ソーキそばにします!

ちなみに、沖縄そばとソーキそば、テビチそば、アーサそば、ポークそばの違いって分かりますか?

これらは基本的に「沖縄そば + トッピング」によって、名前が変わってくることが多いです。

つまり、ソーキそばっていうのは、ただ単に、沖縄そばにのっている肉の代わりに、「ソーキ」がのっているだけなんです。

要するに、ラーメンでいう所のトッピングが違うだけなんですね。

肝心のソーキそばの味ですが、スープは沖縄そばの正統派でしょうか。

かつお出汁が強く主張しているあっさり系スープ。やや塩分が濃いですが、沖縄そばには良く合ったスープだと思います。

ソーキっていうのは、豚のあばら骨の部分です。それを煮込んだものなんですよね。

コラーゲンがプリンッ、プリンッで、おいしいね。

麺は太くて縮れており、もちもちとした食感です。通常の中華そばよりも和風なイメージですね。

後半は卓上のコーレーグース(島唐辛子を漬けた泡盛)を少量振り掛け、鮮烈な辛味と、香りの爽やかな変化を楽しみます

この移り変わりの激しい新宿という場所で、営業を長年続けられるのは、沖縄ミュージックが流れる異文化ムードで、ウチナーをホットさせてくれるからなんでしょうね!

また会いにくるぜ、じゃあな!

関連ランキング:沖縄そば | 新宿西口駅新宿三丁目駅新宿駅

(Visited 298 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!