山梨ワイナリーズフェアはワインラバー垂涎の大イベント

12月17日に六本木で、第3回山梨ワイナリーズフェアが開催されたので行ってきました。

スポンサーリンク

はじめに

山梨県のワイナリーが22社も集い、味わう事が難しいモノも振る舞われる、マニアには垂涎モノのイベントです。

各ワイナリーが厳選したワインをテイスティング、その芳醇な雫を存分に味わうことができます。

試飲したワインは会場で購入出来ます。私も3本購入させていただきました。

ちなみにチケット代は前売りで5,000円、当日は6,000円です。

この日、参加したワイナリーは以下の通り。
・麻屋葡萄酒株式会社
・アルプスワイン株式会社
・塩山洋酒醸造株式会社
・勝沼醸造株式会社
・株式会社くらむぼんワイン
・サッポロビール株式会社(グランポレール勝沼ワイナリー)
・サントリーワインインターナショナル株式会社(サントリー登美の丘ワイナリー)
・敷島醸造株式会社(MOUNT WINE)
・株式会社シャトー勝沼
・シャトージュン株式会社
・株式会社シャトレーゼ(ベルフォーレワイナリー勝沼ワイナリー)
・白百合醸造株式会社
・蒼龍葡萄酒株式会社
・株式会社ダイヤモンド酒造
・中央葡萄酒株式会社(GRACE WINE)
・本坊酒造 株式会社山梨マルスワイナリー
・丸藤葡萄酒工業株式会社(RUBAIYAT WINERY)
・マンズワイン株式会社(勝沼ワイナリー)
・盛田甲州ワイナリー株式会社(シャンモリワイン)
・メルシャン株式会社(シャトー・メルシャン)
・大和葡萄酒株式会社(HUGGY WINE)
・株式会社ルミエール

会場に入るときにパンフレットを渡されます。

パンフレットには各ワイナリーが準備したワインリストが記載されていて、試飲する時にチェックを入れてもらってワインを試飲する形です。なので、一銘柄につき一回のみ試飲可能となっています。

各社、2本から5本程度持ち込まれているので、全部飲むのは不可能です。笑

会場は広くて、人でごった返すこともなく、自由に動き回れて凄く快適でした。

さて、試飲開始です。

サントリー登美の丘ワイナリー 登美 白 2014

まず向かったのは、サントリー登美の丘ワイナリーです。赤、白ともに準備されていましたので、まずは白からいただきます。

国際ワインコンクール「Les Citadelles du Vin 2016」にて、登美の白が金賞を受賞しています。

シャルドネ100%の輝きのある美しいグリーンイエロー。パイナップルを想わせるトロピカルな香りと、バニラやナッツを連想させる上品な樽香がバランスよく調和しています。

酸味、苦味、香り、甘みがバランスよく、余韻が長く感じられ非常に良い作りだと思いました。

サントリー登美の丘ワイナリー 登美 赤 2012

次は、大本命の赤!

収量制限により育てたぶどうを使い、つくり手の技と情熱が結実した、登美の丘ワイナリーのフラッグシップワインです。

漫画神の雫では、日本舞踊の藤娘と表現されていましたね。

このワインは骨格がしっかりとしていて、エレガントで複雑さを持つ、ボルドースタイルの本格的なワインです。さすが、3大国内ワイナリーの一角を担うワイナリーのフラグシップワインです。日本のレベルの高さを知るには良いワインです。良いお値段でもあるので、そうそう飲むことができませんので、試飲会の序盤に味わうべきワインです!

それにしても日本舞踊の藤娘って、こんな味!?と謎が深まったことは確かです。笑

次は、日本固有品種の甲州を使用した甲州グリ・ド・グリです。通称はグリグリです。

甘い香りがアプリコットを思わせ、味わいは、フレッシュで柔らかな酸に、甲州種の皮の旨みが合わさった、しっかりした骨格をもつ白ワインです。これは味のしっかりした和食に合わせると良いです。

次も、日本固有品種のマスカット・ベーリーAを使用した、穂坂マスカット・ベリーAです。

デカンター・ワールド・ワイン・アワード、インターナショナル・ワインチャレンジなどの賞を受賞したワインです。今日のマスカット・ベーリーAの中では、一番好みかも知れないです。

シャトージュン シャルドネ 白 2015

アパレルメーカーのJUNが手掛けるシャルドネ。

香り華やかでミネラルを感じさせる作りです。もう少し時期をおいてから飲むと良さそうな感じがします。

アパレルメーカーのワインなんてと思っていましたが、作りがシッカリしていて感心しました。

次もシャルドネ。自然酵母と乾燥酵母をブレンドしたワインです。

無濾過のため、イエローがかったきれいな黄金色をしています。

味わいは、すもも、蜂蜜の風味が感じられます。七俵地畑シャルドネの特徴である白胡椒の香りが印象的です。口に含むと、ねっとりした果実味があり、ボリューム感がある味わいで非常に個性的な味わいがします。

これはお値段も手ごろ(3,600円)ですし、お買い上げしちゃいました!

帰宅後さっそく、魚料理に合わせて飲んでしまいました!笑

(Visited 189 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!