トンカツの名店中の名店「のもと家」(大門/とんかつ)

増上寺の大門脇にある人気とんかつ店の「のもと家」に行ってきました。

こちらのお店は、鹿児島の六白黒豚を使った有名店です。

お店の場所は、場所は浜松町駅北口より徒歩5分程。増上寺のある地下鉄大門駅が近くにあります。

浜松町、大門と言えば、トンカツ激戦区としても有名で、むさしや、のもと家、檍とそうそうたる店が営業してますよね。

お店は階段を上がった2階にあるのですが、場所が少し分かりにくく、最初は店舗があるビルの前を通りすぎてしまうほどでした。笑

看板メニューの厚切り特選ロースかつ定食に決め、六白黒豚の格の違いを味わいたいと思います!

階段を上がるとお客さんがズラリと店外に並んでいます。13時半にもかかわらず、凄いですね!

希望していた厚切り特選ロースかつ定食は、売り切れでした。涙

ココは厚切りは断念して、特選ロースかつ定食に切り替えて注文します。

ブレンドソースは、のもと家の特製です。写真を撮り忘れましたけど、塩もあります。

事前に注文を取ってくれるので、着席すると程なくして提供されます。

定食の内容は、ご飯、特選ロースカツ、キャベツ、ポテトサラダ、漬物、とん汁、ゴマの入ったすり鉢、ロースカツには、わさびがついています。

のもと家はとんかつに、茎わさびと鹿児島醤油をつけて食べるのが、おすすめとのことです。

もちろんソース、塩もあり、色々な味が楽しめるのが嬉しいですね!!

見た目からボリューミーなロースかつが、お盆の真ん中にあります!

断面はほんのりとピンク色で、ジューシーな脂が溢れ出てきます!!とっても美味しそうです。

まずは何も付けずにいただきました。

ロースの脂の甘みと肉の旨味がジュワっと口の中で広がります!そして肉の旨味がとても濃いです!!脂の甘み以上に強く旨味を感じ、極上の味わい。

店員さんに、とんかつ醤油と茎ワサビでお召し上がりくださいと言われるので、従ってためしていみると、これが相当にヒット!!

とんかつに茎ワサビを付けるのは珍しいので、訝しがって食べてみたのですが、最高でした。。

やや甘めの鹿児島醤油とわさびの辛味との相性がとても良くて、美味しいね!

まさに味わったことがないトンカツが、ココにありました。

ポテトサラダはマヨネーズが主張しないお芋の味が強いです。飲み屋のポテサラとは違います。

豚汁にはキャベツが入っており、お肉も大きな形で、食べ応えのある豚汁です。

野菜の甘みがお汁に溶け出していて、とても美味しいです。

とんかつの美味しいお店は、豚汁も美味しいですよね。

今回は茎ワサビと鹿児島醤油と塩だけで平らげてしまい、ソースの出番はありませんでした。笑

お腹も膨れたので、お上りさん気分で散策開始!

いやいや、よく晴れて気持ちが良いです!

法然上人を眺めたり、新しい元号の令和が素晴らしい年になるように祈念したりと心穏やかに過ごしました。

黒豚の旨味に魅了され、その余韻を散策しながら楽しみ、令和という元号に込められた思いを噛み締めた素晴らしい一日でした。

5月1日が楽しみ!!

また会いにくるぜ、じゃあな!

関連ランキング:とんかつ | 大門駅芝公園駅浜松町駅

(Visited 50 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!