うきうきワイン ロバート・パーカー91点の高評価にも関わらず1000円台の「アマンカヤ・グラン・レゼルヴァ」を発売

イタリア語で「愛しい人」という意味になる「CARO」と名付けられたワイナリーが造る「アマンカヤ・グラン・レゼルヴァ」がうきうきワインの玉手箱から発売されています。

こちらのワインは、ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトとカテナが提携して誕生したワイナリーです。

カロが高く評価されたことを受け、別なスタイルのワインを生み出したのがアマンカヤ。

カロのセカンドワインで、2003年がファーストヴィンテージ。
「メンドーサにおけるカベルネのエキスパート」を目指す同ワイナリーの品質をカジュアルに楽しめながら、長熟のポテンシャルも兼ね備えているワインです。

アルゼンチンのアイデンティティーとボルドースタイルが調和していますが、マルベック種のブレンド率が高く、熟成期間がより短いこのワインは、カロに比べてよりフルーティーなことが特長です。

深い紫色。果実味豊かなワインで、赤や黒のチェリー、色の濃いプラムのフレーバーに、ミントや杉のニュアンスを感じる。心地よいタンニンと丸味のある構成。バニラやチョコレートのノートも含んでいる。

ご購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

(Visited 162 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!