葡萄畑ココス かっこいいライオンが描かれた「クロ・レオ」が発売

日本人初のボルドー新シャトー「クロ・レオ」が葡萄畑ココスから発売されています。

シャトー・ヴァランドローのテュヌヴァン社で働いていた篠原麗雄(しのはら れお)さんが 2002年に0.82ヘクタールの畑を購入して造り始めたボルドースタイルのワインです。

クロ・レオは、2002年から始めたばかりなので、まだ試行錯誤の段階で毎年醸造・熟成方法を変えている為、ワインのスタイルが毎年変わっていまるそうです。


セパージュはメルロー80%、カベルネ・フラン20%です。

外観は黒に近い濃いガーネット。香りは凝縮感があり、完熟したプラム、バニラ、スパイシー、木香が感じられます。

甘草やシナモンなどの甘苦系スパイスのニュアンスもあります。味わいは力強く、かつ引き締まっており、甘み、酸味、ボリュームが緻密なバランスを保っていて、華やかな印象が強いワインです。

樽熟成を行いタンニンも優しくなりボルドーらしい古典的なしっかりしたワインになっていて、品質も非常に高いと思います。

ご購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

セカンドはこちら。かわいいライオンの赤ちゃんがエチケットになってます。お値段もリーズナブルです。

こちらも合わせて、ご購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

(Visited 176 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。さらに、この情報を周りの人にも教えいただけると更に嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!お願い、お願い!